アメリカで話題の”8時間ダイエット”が日本上陸。無理せずにダイエットが出来るって本当?

“8時間ダイエット”って聞いたことありますか?

今アメリカで話題のダイエット法。

8時間だけダイエットするというものではありませんよ。

8時間ダイエットとは?

アメリカのデイビッド・ジンチェンコ氏が考案したという8時間ダイエット。

糖質を抑え、高いタンパク食にするというのがポイントのダイエット方法です。

でも、それだけじゃ8時間ダイエットにはなりません。

8時間ダイエットとは

「朝昼晩と間食を含め、食べる機会を合計8時間以内に収める」

というものです。

あまりピンとこないですね。

ルールとしては

  • 食べる時間を8時間以内に収める
  • 食事の時刻は毎日同じに
  • 摂取カロリーは増やさない

と、これだけ。

これすら難しい人は、「食べる時間を8時間以内に収める」だけでも効果が期待できます。

なぜ8時間におさめるのか?

では、なぜ、8時間以内に食べる機会を収めるのか、また、それだけで良いのか疑問が残ります。

実はこの8時間、残りは約16時間なわけですが、その16時間でプチ断食をすることになる、ということなんです。

ポイントとして「12~16時間の空腹時間」ができることが大切で、この時間で若返りホルモン「グレリン」が分泌されます。

この「グレリン」は空腹時に分泌されやすくなる成分なので、お腹がいっぱいの時には分泌されないんです。

よって、毎日一定時間の空腹時間を作ることができれば、グレリンが沢山分泌されて若返り効果も出るということになります。

何を食べればよいのか。

では、食べれる時間の8時間では、どのようなものを食べるとよいのでしょうか。

まずは「糖質オフ」をベースにして、スイー ツや炭水化物は控えめ、そして、高たんぱく・高脂質の食事をとります。どうしても、スイーツを食べたい人は、しかたありませんが、空腹時は避けましょう。

簡単にできるのか

食事を8時間以内におさめるって言ってもピンとこないかも知れませんが、一日で例をあげるとこんな感じです。

  • 7時:起床して、食事
  • 12時:お昼 (すでにここまでで5時間。。)
  • 15時:おやつの時間

これ以降は食事なし。

おっとっと、結構きついですね。15時を最後に夕飯がないじゃん。。。

と、まぁ、8時間というのはかなり非現実的なので、12時間あたりからはじめてはいかがでしょうか。

 

ダイエットサポートならこれ!