ブーツの季節到来。でも、あれ?去年のブーツが履けない!!なんてことにならない方法

ブーツを履こうと思ったら、あれ?足が入らない??なんで、どうして体重増えてないのに。。。

なんてことにならないような対策をご紹介。

  • 豆類を食べる
  • 海藻類を食べる
  • 足を地面につける
  • 仰向けに寝る
  • ゆるいパンツを履く

それでは、一つずつ見ていきましょう。

豆類を食べる

足がむくむとブーツに足が入らなくなります。むくみを解消すうなら「カリウム」が一番。

そのカリウムを多く含む豆が良いわけですが、カリウムが豊富なだけでなく、脂肪燃焼効果のある「イソフラボン」も多く含まれているので、一石二鳥です。

「枝豆」「納豆」「豆腐」などがオススメです。

海藻類を食べる

あなたの足がブーツが入らないのは、むくみのせいかもしれませんよ。むくみは、血液をサラサラにするために、体内に水をため込んでしまい引き起こされます。

むくみを解消したければカリウムを多く含む海藻を食べるのが一番。カリウムは血液をサラサラにして体内の余分な水分を排出する効果があります。

足を地面につける

普通は足は地面についてますので、なんのこっちゃ、と思った方もいると思いますが、椅子に座っている状態の話です。

椅子に座るときは足は組まない。足を組むと骨盤が歪んじゃいます。

そして、骨盤が歪むと下半身に負担をかかって、むくみやすい足に。

足を組むのはやめて、両足をしっかり地面につけて座るようにしましょう。

仰向けに寝る

寝るときは横向きで寝るのは避けましょう。

体重が片方の足にかかって、血液が滞ってしまうんですね。血流が滞るとむくみの原因に。

そうならないためにも、仰向けに寝ましょう。足が細くなりますし、姿勢も良くなりますよ。

ゆるいパンツを穿く

足を締め付けるタイツですが、実は足を太くさせるアイテムだって知ってましたか?

足を締め付けるタイツは血行不良になり、むくんでしまいます。

なので、せめて家にいるときくらいは、ゆるいパンツを穿きましょう。足を解放させてむくみを解消しましょう。

 

それでもむくみが解消できない場合はこれ!

パンパン足がスッキリ実感!?

面倒なことが苦手の人は手っ取り早くこれにしたほうが良いと思いますよ。