思考をダイエットする、「エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする」が売れている。

今回はちょっと趣向を変えて、ダイエットといってもカラダのダイエットではなく、頭のダイエットについてのお話を。

このエッセンシャル思考は、2014年に米国で話題を呼んだ思考法のダイエットを指南するビジネス書。

その翻訳本が発売後即重版で、1週間で2万部を売るヒットと飛ばしている。

著者のグレッグ・マキューンは

  • Apple
  • Google
  • facebook
  • Twitter

という、今を代表するIT企業のアドバイザーを務めるコンサルティング会社のCEOというのだから、ちょっとどんだけすごいのか気になりますね。

編集者曰く

「本書で紹介しているエッセンシャル思考は、単なるタイムマネージメントやライフハックの技術ではありません。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論です。情報過多でやることが多すぎる時代だからこそ、『99%の無駄を捨て1%に集中する方法』という本書のコンセプトが読者に響いている。これは国を問わず、誰もが変わらず抱いている潜在的なニーズ。日々の忙しさにかまけて無駄なことをやっているのではないかと、 自分を振り返るきっかけになるし、『もっと捨てよう』という勇気と危機感を与えてくれます」

とのこと。

ここでは思考のダイエットということですが、カラダのダイエットも考え方の変換って結構大事だと思います。

ダイエットに失敗している人は読んでみると良いかもしれませんね。

 

以下の一文にピンと来たら こちら をチェックしてみてくださいね。

「もしも、たったひとつのことしかできないとしたら、自分は今、何をやるのか?」