ダイエットと言えば運動。その運動ですが、脂肪って激しい運動をしないと燃えないと思っていませんか?

実はそんなことなくて、一番脂肪が燃えやすい運動のレベルはそんなに激しくないんです。

その際にポイントとなるのが、心拍数。一番効率的に脂肪が燃える心拍数って知ってます?

これは知っておかないと。脂肪が燃えやすい心拍数を計算する方法

2016-02-25 0-07-12

心拍数と運動の関係

まずは心拍数と運動の関係、関連性を知るところから。

平常時の心拍数は、大人の場合は1分間あたり70回程度が普通です。

これが、運動をすると上がっていくわけです。

激しければ激しいほど上がります。

「はぁ、はぁ」と息が切れる、というのがその運動量でわかりますよね。

一番脂肪が燃焼しやすいのが、だいたい最大心拍数の60%程度をキープできる運動量。

60%と言われても、、、ということだと思いますが、少しは会話をしながら運動ができるレベルとなります。

まぁ、ちょっと息は上がるものの会話はできますよ、という感じでしょうか。

最適な心拍数を計算する

では、実際の最適な心拍数を計算する方法です。

1、まずは最大心拍数を計算する

最大心拍数=220-年齢

で、年齢に基づいた最大心拍数が計算できます。

もちろん個人差はあるのですが、この方法で年齢による最大心拍数を計算します。

2、脂肪燃焼に最適な60%程度の心拍数を計算する

その前に安静時の心拍数の確認方法ですね。

最近はApple Watchなどのスマートウォッチで心拍数を測れるものも出ていますが、私も含め「そんなもの持ってないよ」、という場合は、この方法でカウントしてみてください。

カウント方法:

手首の内側や首のサイドにある動脈に手を当てて、10秒間に何回脈が打つか数え、それを6倍すれば1分間の脈拍。

かなり簡単ですね。スマートウォッチなんかいらないです。(負け惜しみ。。。)

 

上記の年齢による最大心拍数から、60%の心拍数はこの方法で算出できます。

最適な心拍数=(最大心拍数-安静時心拍数)×0.6+安静時心拍数

たとえば、安静時心拍数が70で30歳の人なら142となります。

これはカルボーネン法という計算方法に基づいたものです。

 

年齢に応じた安静時の心拍数が70の人の60%の心拍数を計算した結果を表にしましたので、参考にしてみてください。

 

年齢 60%心拍数
25歳 145
26歳 144.4
27歳 143.8
28歳 143.2
29歳 142.6
30歳 142
31歳 141.4
32歳 140.8
33歳 140.2
34歳 139.6
35歳 139
36歳 138.4
37歳 137.8
38歳 137.2
39歳 136.6
40歳 136
41歳 135.4
42歳 134.8
43歳 134.2
44歳 133.6
45歳 133

60%程度となる最適な運動とは?

そして気になる実際に「60%程度の運動」とはどのようなものが当てはまるかと言うと、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動となります。

ダイエットというと、激しい運動をすればよいと思っている人もいるかもしれませんが、こういったことからもそうではないことが分かりますね。

ジョギングもタイムアタックみたいな感じじゃなくて、軽い感じでOKなので気軽に始めてみてはいかかでしょうか。