貧血気味の人がやせないって聞いたことありますか?

実は貧血とダイエットって結構密接な関係があるんだそう。

どうやら理由は血ではなく、あれが不足しているためなんですね。

貧血とダイエットの密接な関係

image

食事のカロリーを気にしてても一向にやせない、それどころか太ってきてしまう、という人っていますよね。

私も良く分かります。

年齢とともに基礎代謝が下がるので、その分カロリー消費が少なくなって痩せづらい、いや、太りやすい身体になってきているというものもあると思いますが、年齢に関わらず太る人は貧血かもしれません。

実は、太りやすい人には貧血気味の人が多いとか。

ちなみに貧血って血が少ない状態ではなく、血液が薄くなった状態のことを言うんですね。

血液が薄くなった状態というのは、ヘモグロビン濃度が基準値を下回る状態を貧血と言うので、要はヘモグロビンというタンパク質の一種が不足している状態のこと。

このヘモグロビンがどんなことをしているかというと、実は酸素を運ぶ重要な役割を担っているんです。

 

脂肪を分解するのにはリパーゼという酵素が必要です。で、このリパーゼは酸素によって活性化されます。

よって、ヘモグロビンが不足して酸素が細胞に運ばれなくなると痩せにくいからだになるわけです。

ヘモグロビンを補給せよ

では、このヘモグロビンを補給するにはどうすればよいのか?ですね。

一言でいえば鉄分の多い食事を心がけると補うことができます。

鉄分の多い食材と言うと

  • レバー
  • アサリ
  • シジミ
  • ヒジキ
  • ホウレンソウ
  • カツオ
  • 赤貝
  • 菜の花
  • カキ
  • 小松菜
  • タマゴ
  • 大豆

などです。

ダイエットと言ってカロリーの低い栄養がない食事ばかりしていると逆効果になってしまっている可能性もあるんですね。

そして、呼吸。

これは結構意外かもしれませんが、浅い呼吸の人は肺をフルに使った呼吸ができていないので、空気を取り入れる量が少なくなってしまい、おのずと酸素量も少なくなってしまいます。

痩せやすい身体を手に入れるために

痩せやすいカラダには多くの酸素が必要であることが分かりました。

その酸素は大きく呼吸をすることにより取り入れることができます。

そして、取り込んだ酸素をしっかりと送るために、ヘモグロビンを増やす必要があります。

ヘモグロビンを増やすには鉄分を多く取れる食材を意識して食べること、ですね。

 

鉄分の多い食事をする→深い呼吸を心がける

 

これだけで貧血を防ぎながら、やせやすい身体を作ることができるようになりますよ。