炭水化物は太る。ダイエットをするなら炭水化物を抜けばよい。よく聞きますよね。

ものによっては完全に炭水化物を抜くダイエット方法もあるようです。

でも、完全に炭水化物を抜くと体に異常をきたす可能性も。

炭水化物ダイエットが危ない!?カロリーランキングでしっかりセーブ

image

炭水化物はカロリーが高いので、食事で手っ取り早く摂取カロリーを減らすためには炭水化物を抜くというのが定番です。

炭水化物には1グラムにつき4キロカロリーのエネルギーがあるので、100グラム減らせば400キロカロリーのカロリーカットになります。

 

成人の一日のエネルギー必要量は、男性で2660キロカロリー、女性は1995キロカロリー。

炭水化物を0にすればカロリー摂取量は極端に下がりますが、実は全く摂らないのは逆に体によくないので注意が必要です。

 

エネルギー不足による悪影響

炭水化物は人にとっての車のガソリンのようなもの。エネルギーの源になるので、その炭水化物がないとエネルギー不足になってしまいます。

体がだるくなって元気が出なくなるので病気になる原因に。

 

頭が回らなくなる

エネルギー不足により頭が回らなくなります。人間の脳はグルコースを栄養にして機能します。

そのグルコースを作りだすのが炭水化物。

炭水化物がないとグルコースが生成できず、頭が回らなくなってしまいます。

 

生活習慣病にかかりやすくなる?

これは意外かもしれませんが、まったく炭水化物を摂らないのは生活習慣病にかかりやすくなるといわれています。

炭水化物の中にはコレステロールを抑えて生活習慣病のリスクを下げる効果もあるんです。

 

じゃぁ、炭水化物をがっつり食べたほうが良いのか、というとそうではなく、適度な摂取が良いわけです。

でも、適度な摂取と言われても分かりませんよね。

そこで、炭水化物の多い食物ランキングをご紹介。

知識として頭に入れておくだけでも食事を選ぶ際の参考になるので、しっかりと覚えておいてください。

 

まずは麺ものから

  1. ミートソースパスタ 940kcal
  2. あんかけ焼きそば 640kcal
  3. ラーメン 580kcal
  4. 天ぷらそば 550kcal
  5. たぬきうどん 470kcal

やっぱりミートソースは凄いですね。ラーメンもこってり系やチャーシューメンとかになるとカロリーアップしちゃうので注意が必要です。

 

お次はご飯もの

  1. ビーフカレー 950kcal
  2. ドリア 930kcal
  3. オムライス 860kcal
  4. カツ丼 870kcal
  5. 天丼 800kcal

うーん、カレーは分かってはいましたが、ここまで高いとは。。。

ドリアも高いですね。サイゼリアで安いからっていって、ガンガン食べるわけにもいかないですね。

 

そして、菓子パン系

  1. チョコクリームパイ 540kcal
  2. フレンチトースト 500kcal
  3. メロンパン 470kcal
  4. 揚げパン 460kcal
  5. クリームコッペパン 440kcal

意外に菓子パンってカロリー高いんですよ。あれ、意外じゃないですかね? 常識ですね。

1つでこのカロリーなので、2個とか食べたら跳ね上がっちゃいます。1個じゃなかなか満足できないので、あまり、おススメできない食材ですかね。

 

炭水化物はカロリー高いですが、人間が生きていくうえで重要な栄養素。

だから、完全に抜くことはおススメできません。

カロリー量を把握してしっかりとコントロールする、これが本物の炭水化物ダイエットと言えそうです。

炭水化物と上手に付き合いながらダイエットに取り組みましょう。